合わせて読まれるコンテンツ

ファッション

東京のファッション専門学校に入学するメリット

興味のある専門学校の資料請求の方法や、入学までの具体的な流れ、入学する時に必要なものを解説しています。また東京のファッション専門学校で学べる内容や働きながらでも学べることなど、メリットもご紹介します。

READ MORE

東京のファッション専門学校を選ぶ時に重視する4つのポイント

自分の興味があるファッションやデザインの方向性と一致しているか

将来自分が東京や近県でアパレルやデザインといったファッション関係の仕事に就きたいなら、どんな志向があるのかを事前に整理しておきます。もちろん未確定だとしてもある程度の目星をつけて、入学前から自分の目指す方向を明確にしておきます。それを選定基準の一つにしてみましょう。

実際にファッション・デザイン専門学校を見学する

いくら自分の方向性に合ったファッション・デザイン専門学校であっても馴染めるかどうか、実際の学校の雰囲気を目や耳で確かめたほうが良いでしょう。しっかり学べる、現場で競い合えるような雰囲気がある学校なら自然と良い生徒が集まってきます。将来良い人脈として知り合えることもできます。学ぶ環境は重要です。

もしできるなら目指す専門学校でヒアリングをしてみること

在校生や卒業生にヒアリングする機会があるなら、どんな専門学校か聞いてみるのも一つの手です。高校から専門学校に行くなら高校の先輩で卒業生がいる、在校生がいれば確認しやすいでしょう。その時卒業制作や就職先がわかれば判断基準の一つになります。また学校に実際に訪問した時に講師や先生に話を聞いてみましょう。もしかしたらその先生や講師に魅力あふれる人だとわかれば、その専門学校で学ぶ気持ちが生まれるかもしれません。

専門学校の講師やカリキュラム・設備が魅力的かどうか

有名講師がいる、この専門学校に通うと時代に合ったカリキュラムが学べて即戦力に近い力を得ることができる、といった将来力になるスキルや知識を得られる専門学校かどうかを確認してみましょう。専門学校を卒業した後の将来像も含んで、良いカリキュラムや設備が充実していることはとても重要なポイントです。

多くの方がデザイン専門学校やファッション専門学校に通うワケ

レディ

ファッション専門学校の学費と相場

ファッション専門学校は就業期間がどの程度かによっても学費が変わってきます。一番多いパターンは2年ですが、ファッション系のデザインや技術の習熟に関係していると4年、流通系の学科を希望すると1年から2年といった期間が多いようです。服飾系の学校は初年度に入学金も含めて120万前後が相場と言われています。2年の学校であれば次年度は多少安くなる可能性もありますが、材料費や教材費といった実費がかかることもあります。4年近い学校の場合は、学習する技術のレベルが高いと初年度の学費はあまり変わらないものの、専門技術が高い場合はプラス6万円前後アップする場合もあるようです。ファッション系専門学校は入学金や実費を入れないと190万円前後が相場だと言われています(単純に授業代等)。入学金や教材費、材料費用、研修費用なども入れると合計で230万前後が相場です。ただし他の機械・調理・美術系の専門学校なら2年で250万から300万近くかかるので、それを考えると比較的安い設定になっています。

ファッション業界で活かせる資格

ファッション業界で働く場合、デザイナーやパタンナーとして本当に洋服や雑貨を作ることで働く方はごく一部です。多くの方はファッション業界の様々な分野で働いています。例えばアパレルを含んだ流通業全体、販売スタッフなどがあります。また専門学校の専攻学科によっても就職する先がかなり違います。多くは大手アパレルメーカーに就職するケースが多いのですが、同じファッションでもアパレルデザインがあれば、インダストリアルアパレルマーチャンダイジングといった科もあります。例を具体的に挙げたのは前者がデザイン系列、後者が企画・販売に適した科だからです。アパレル業界で広く仕事をするなら、「販売士」1級~3級という公的資格が人気の高い資格の一つになります。これは販売のプロとして認められることもあります。また「ファッション販売能力検定」1級~3級もファッション業界で働くには便利な資格です。アパレルショップ販売だけでなく、ファッションアドバイザーとして活躍することも可能になるので、将来性を考えて取得する方もいます。「ファッションビジネス能力検定」はデザイン・企画・製造・販売に関する知識や能力を証明するものです。「ファッションコーディネート色彩能力検定」は色彩の体系的知識を証明するものですが、どちらも持っていればアパレル業界で役に立つ資格です。

デザインを専門学校で学ぶメリット

ファッション専門学校でデザインを学ぶのは色々なメリットがあります。短大や大学よりも就職率がかなり良いのがファッション専門学校の良さです。例えばデザインを直接生かす職業でなくても、大手アパレル会社やメーカーで販売系の仕事に就く方もいます。またデザイナー、パタンナーといった作り手になることも可能です。実践的な技術をファッション専門学校では教えてくれるので、卒業してからも習った技術を生かすことが可能です。短大や大学で学ぶ学問は士業や技術系の仕事でない限り、直接メリットを感じることは少ないのですが、専門学校は仕事に生かせる教育をしてくれます。またスタイリストになる方もいます。これは服飾の知識やデザインを学んでいるとメリットがある仕事です。このようにファッション専門学校でデザインを学んでおくと将来の仕事選びも幅が広がります。

広告募集中